Case Study:VANITY TABLE ~コロナ禍で成長するECの美容プラットフォーム~

PayPal VanityTable1

新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大は、世界中の様々な業界のビジネスに暗い影を落としています。美容業界においてもこれまで主力であった実店舗における販売が大幅に減少。大手美容関連企業でも事業の縮小や売却、市場撤退などが相次いでいます。

そんな中、コロナ禍にオープンした韓国のDaily & Co. 社によるグローバルビューティープラットフォーム「VANITY TABLE」は、「お家で過ごす」という新しいライフスタイルを捉えて順調にビジネスを成長させています。

 

PayPal VanityTable2

VANTY TABLE (運営会社:Daily Co.)

厳選された最高のアイテムで、あなたの毎日を新しく。

グローバルビューティープラットフォームVANITY TABLEでは、お客様のニーズに合った独自のトレンドと高品質な商品を取り揃えている「ohora」、「FINGER SUIT」、「YURICA」というブランドを選定し、高品質な商品をお届けしています。

私たちが選んだブランドは、単なる製品ではなく、価値を提供します。

お客様のことを第一に考え、 今後もお客様にご利用いただける製品を提供してまいります。

 

コロナ禍における自宅需要にマッチしたビューティーアイテムのEC販売

Daily & Co. 社では、トレンディーでクオリティの高い韓国のビューティーアイテムを提供するブランドとパートナシップを締結、コロナ禍で気軽に買い物に出かけることができないことからネットショッピングの需要が高まるとみて、2020年6月にグローバルビューティープラットフォームVANITY TABLEを立ち上げました。

日本と米国を中心に世界各国の幅広い世代のお客様に向けて、ネイル商品を主力としたさまざまなビューティーアイテムをECで販売。主要なターゲットは、インスタグラムやツイッター上の情報を積極的に利用しながら楽天市場などのECサイトでネットショッピングをする人々を想定しています。

現在、「ohora」、「FINGER SUIT」と「YURICA」という3つのブランドの美容商品を扱っていますが、数ある商品の中でも特に人気なのがohoraのネイル商品。同ブランドの製品は、楽天市場でもネイル系の様々なカテゴリランキングで軒並み1位を獲得するほどの人気のアイテムです。VANITY TABLEはohoraの公認ショップとしてEC販売を行っています。

 

ビューティーアイテムならではのマーケティングの工夫も

ネイルサロンに気軽に足を運ぶことができない中で、自宅でも気軽にサロンのようなクオリティの高いネイルを楽しむことができるとあってohoraの製品は大ヒット。クオリティの高さからもユーザー評価が高く、VANITY TABLEでは購入した「ユーザーの声」も紹介することで、その価値をより高めています。

また、初めてのお客様にも様々なブランドを体験してもらえるよう、各ブランド商品のプレゼントを行ったり、メールマガジンを登録したお客様には購入回数により割引クーポンの配布を行ったりしています。会員登録してくださったお客様には後々割引クーポンと交換できるお買い物ポイントの提供を行うことでリピート率を上げる工夫も。その他にもシーズン毎に様々なセット販売や、セールプロモーションも行っています。

PayPal VanityTable3

VANITY TABLEでは、決済手段としてコンビニ払い、クレジットカード、ネットバンキングに加え、ペイパルを導入しています。

オンラインビジネスに役立つ情報や他のペイパル導入事例についてはこちら https://www.paypal.com/jp/brc/

 

Daily & Co. VANITY TABLE JAPAN  ご担当者様コメント

「ネイルサロンに足を運べなくなった状況が続く中でネイル商品の売り上げが伸びる一方、海外のECサイトを利用してお買い物をするお客様の数も徐々に増えていると思います。ペイパルの便利な決済方法を提供することで海外サイトでのお買い物経験を向上させることはもちろん、「信頼できるショップ」のイメージを与えることができたと思います。VANITY TABLEでは利用するほどお得になる会員制度をベースに、様々なキャンペーンを実施しています。初めてのお客様におすすめのohoraスターターセットも好評販売中ですので、ぜひチェックしてみてください」

Media Room